バイオジェルでジェルネイルセルフデザインは可能?

ジェルネイルに使うジェルには様々なものがあります。
特に人気のタイプがソフトジェルと呼ばれる柔らかいジェルを使用したジェルネイルです。

 

その中でもカルジェルは使いやすく、強度も高いので人気ですが価格も高いし、トップコートで保護する必要があります。
同じソフトジェルまたはソークオフジェルと呼ばれるジェルの中にバイオジェルというものがあります。

 

バイオジェルはソフトタイプが多いのですが中には多少硬度が高いものもあり、人工爪として利用できます。
そのようなジェルネイルをバイオスカルプチュアジェルと呼びます。ちなみにスカルプチェアとは人工の付け爪の技法の一種のことを指します。

 

バイオジェルはトップコートが必要ないが無く、ケアが楽という利点があります。
更に透過性があって色が豊富なので様々な楽しみ方ができます。
しかしカルジェルと違い、水を通す力は弱いので、カビが発生してしまうことも考えられます。
カビを防ぐためにケアが必要で、カルジェルの様にトップコートを塗らなくてもいい分カビ予防のケアが大切になるのです。

 

バイオジェルネイルの前の爪の処理は軽く爪の表面を艶出しするだけで難しいことはしなくてもいいので便利です。
又専用の溶液で落とすことができますが、ケアを含めてネイルサロンで行ってもらう方が安心ですね。

 

セルフネイルもたのしいけど、ネイルスクールでしっかりと基礎を学ぶとスキルアップにもなれて
ブライダルネイルなんかも自由にデザインできるようになりますよ。
ネイルスクールのおすすめはどこ?

 

ネイルスクールは一概にどこと言い切れるものではありませんが、ジェルネイルの技術がしっかりと学べるネイルスクールが良いです!